副業でアルバイトを選ぶポイント

本業に差し支えが無いように働くために


GREEN_RI20140125_TP_V.jpg

本業の収入だけでは好きなことができない、だから副業でアルバイトを探そうかと迷っていませんか?本来は本業を頑張って給料をあげるのが理想かもしれませんが、現実は難しいところ。。
そこで副業でアルバイトをお探しの人のために、本業に差し支えが無いようにアルバイトを探すポイントをまとめてみましたので参考程度に読んでみてください。

副業、ダブルワークOKが大前提


雇う側がまずは「副業、ダブルワークOK」だというのが大前提です。求人サイトなどでアルバイトを探すときはこのキーワードを入れて絞り込んで探していきましょう。
もし、不明な場合は面接する前に企業側に「副業、ダブルワークOK」なのかは確認しましょう。

本業にバレても大丈夫なのか社則を確認


アルバイトを探す前に本業の勤め先の社則も確認しておきましょう。副業NGなのにアルバイトしてバレて本業の信用を失ってしまっては意味がありません。
バレずにやる方法もあるかもしれませんが、必ず確認しましょう。本業の社則が副業NGならアルバイトは諦めた方が良いかもしれません。

本業に差し支えないようなシフトなのか?


本業の勤務時間が日中なら、副業のアルバイトは日中はできません。もし夜アルバイトをするのであれば本業の残業なども計算しつつ、アルバイト先が就業可能なシフトを組んでもらえるのかも頭に入れておきましょう。

体力と気力に相談


本業をクタクタに終えてからのアルバイトは結構気合いが必要です。副業アルバイトをしたら休みや、睡眠時間は削られます。それでも本業に差し支えの無いように体力と相談しながらシフトを組む、いや、、組んでもらえるバイトを探しましょう。

副業アルバイトは宅から近い所がおすすめ


電車で通勤、帰宅して、バイト先までさらに電車で通勤、帰宅、、これはかなり疲れます。バイトの職種は気になりますが、あくまで時間の切り売りと割り切って「勤務地が近所」で選んでもいいかもしれません。

アルバイトといえどお仕事、副業アルバイトは気合いが必要


雇う側としては副業とかアルバイトとか関係ありません。給料を払っている以上は全力で働いてもらいたのが本音です。

本業が終わった後のアルバイトは気合いが必要です。本業に差し支えが無いようアルバイト先を選び、真摯に労働条件を交渉していきましょう。


この記事へのコメント