季節感を大切にした出品でメルカリ

wood-3308995_960_720.jpg

メルカリに色々出品しているけど中々売れない。メルカリってなんでもすぐ売れるはずじゃないのか。。?って悩んでいませんか?なんでも売れちゃうはずのメルカリも出品の仕方次第でかなり成果は変わってきます。そこで今回はメルカリで成果を上げるための方法の一つとして「季節感を大切にした出品でメルカリ売り上げアップ」の方法を実体験を元にして説明したいと思います。売り上げアップで悩んでいる方は参考に程度に読んでみてくださいね。

季節商品とは?


季節商品とは簡単に説明するとクリスマスならクリスマスケーキやサンタクロースのコスプレ衣装、夏なら水着や花火など、その季節にマッチした商品のことを言います。日本は春夏秋冬と4季のある国で、4季感を大切にし楽しむ民族なのです。

大雪の日にタイヤのチェーンがすぐに売れた話


以前知人から自宅にある中古のタイヤのチェーンをメルカリで売りたいから手伝って欲しいとの依頼がありました。その依頼を受けたタイヤのチェーンはどこのホームセンターでも売っているようなタイヤのチェーンで、状態も美品とは言いがたいもので「これ売れるのかな〜」って不安でした。
出品したものの案の定「いいね」などの反応も全く無くアクセス数も少なくて内心「やはり。。」と思っていましたが、ちょうど2週間後に全国的な大雪になった瞬間に見事に売れました!

その季節ならではの商品を出品してみる


おそらく大雪になって一時的にメルカリ内で「タイヤチェーン 雪」などの検索が増えたのが売れた要因だと思います、おそらく、これが夏なら売れていないでしょう。

それらを踏まえて考えてみると、今の時期なら何がみんな欲しいだろう?とか何を連想するだろう?などを考えながら出品したら成果の出る確率は上がるはずです。

逆に季節にミスマッチな商品は売れない


極端な例ですがお正月のしめ縄は、お盆には売れませんし、盆灯籠はお正月には売れません。しかし一般的の市場には出回ってない商品でもメルカリ内では季節感を無視して出品することが可能です。でも、できたら季節感は大切にしてみてください。ちょっと意識するだけでも結果は変わってきます。

王道だけど意外に意識してない人が多い(私も含めて)


不良品はなんでも出しちゃえ〜〜ってなんでも出してる人いますが、、ありはあり、なんですけどやっぱり意識した方がいいですね。なぜならページ全体の印象が変わってくるんです!真夏なのにサンタの帽子みたらなんか変な感じしませんか(かくいう私も冬物を年がら年中出してますが笑)?メルカリは多くの人がアクセスするので見てる人はちゃんと見ています。季節に外れてると感じたら特価にしたり、非表示にしたり何かちょっと策を講じて売上アップに繋げてみてくださいね♪


この記事へのコメント